プロポーズする予定の人は必見!婚約指輪にはどんなデザインがあるの?

1番人気は、一粒ダイヤが目立つソリティア!

婚約指輪と聞いて思い浮かべるのは、大粒のダイヤがひとつ台座の真ん中に鎮座した、シンプルなデザインのものではないでしょうか。このデザインのものは「ソリティア」といい、昔から根強い人気をもつ定番のデザインです。ソリティアにも様々なデザインがありますが、中でも一粒ダイヤを4本か6本の立て爪で支えるものが、ダイヤの美しさを特に際立たせる効果があるので人気です。シンプルなデザインなので、ダイヤを凝ったカットにしても良いですね。

デザインを自分で弄りたい人はメレ!

メレとは、中心となる宝石の両脇に、0.1カラット以下の小粒のダイヤを設置したデザインのものです。両脇にダイヤを設置することで、中心となる宝石がより一層輝きます。メレを選択する人は、台座を自分でデザインしたり、中心となる宝石にダイヤ以外を据えたりと、ファッションセンスに拘りがある人が多いです。オリジナリティが出しやすいタイプなので、普段の自分の服装によく合う婚約指輪が欲しいなら、メレを選ぶとぴったりでしょう。

ゴージャスな婚約指輪ならパヴェ!

パヴェとはフランス語で「石畳」という意味です。その名の通り、台座に0.1カラット以下のメレダイヤがぎっしりと敷き詰められています。中心に大粒のピンクダイヤモンドを据え、台座と立て爪をメレダイヤでぎっしり取り囲むと、他のデザインにはないゴージャス感が生まれます。ドレスなどのフォーマルな衣装にぴったりです。いかがでしたか?婚約指輪を買う時は、自分の普段のスタイルや好みに合ったデザインを選ぶようにしましょう!

婚約指輪は互いに契約を交わすときには、必ず必要なモノです。ゴールドかプラチナか、石は何が良いかは悩みどころとなります。